任意整理にかかる費用と相場

カードローンに限りませんが、もしも借り入れたお金の返済がどうしても出来ない時には、任意整理をするという選択もあります、借り入れたお金が返済できないということは、貸した側に損害を与えたことになり、社会的な信用を失くすことになりますから、重大な責任問題になります。

 

そのような時には、いくつかの解決策がありますから、自分で何とかしようと違法な貸金業者から新たに借入れをしたり、自暴自棄にならず冷静になることが大切です。借金の問題を解決する方法は、自己破産、個人再生のように自身の財産や資産を処分する代わりに、債務から開放されるものと、任意整理と言って弁護士などを間に立てて今後の返済などについて、貸した側と借りた側で実行可能な返済の計画を改めて立てることを目標にしているものに分けることが出来ます。

 

自己破産や個人再生と違って、任意整理は裁判所を通さず話し合いで解決することが出来ますから、自分の資産や財産を処分することなく借金の整理をすることが出来るのです、この任意整理の場合は弁護士が仲介に入ることが一般的ですから、直接貸金業者と交渉する必要はありません。任意整理が行われた場合、通常は弁護士を通して貸金業者に受任通知というこの借金に対しての交渉を弁護士が担当するという通知を送ります。

 

この受任通知が行われると、お金を借りた本人への返済に関する催促が出来なくなりますので、取り立ての無い通常の生活に戻ることが出来ます。また、ほとんどの場合は任意整理の結果、元金の返済のみで利息に付いては返済しなくても良くなるケースがほとんどですから、返済金額が少なくなるメリットもあるのです。

 

また、返済の状況によってはグレーゾーン金利を支払っていた可能性もあり、その分は過払い請求の対象になることもあります。この任意整理は法律上の知識があり、貸金業者と交渉することが出来るなら借りた本人でも行うことは出来ますが、現実的にはこうした任意整理の経験のある弁護士に依頼することになるでしょう。

 

弁護士に依頼する場合、通常は任意整理の相談に一回30分で5千円ですが、状況によっては無料で相談出来ることもあります。

 

実際に任意整理を始める前に着手金が必要になることが普通ですが、その場合の費用は借り入れていた貸金業者の数によって変わりますが、借入れした業者が2社までなら52、500円以内、3社以上なら21、000X業者数と言うガイドラインが弁護士会法律相談センターから出されていますので、参考にして見てください。

人気の高いキャッシングベスト3はココです!

 

プロミス


最短即日融資OK!メアド登録とWEB明細利用で30日間無利息!

消費者金融業界では最大手の一角を担うプロミス。SMFGグループの企業で銀行系の業者という事もあり、安心して利用できると評判です。
信用力の高さ、これまでの実績、全国的な知名度などはもちろん、実質年率は4.5%〜17.8%という低さにもサービス力の高さがうかがえます。目的に合わせて4つの商品から選べるというのも魅力的です。

プロミスの詳細


プロミスの公式ページ



 

アイフル


初めて利用する方なら30日間無利息!!お得で安心なアイフル♪
初めて利用する方なら最大30日間無利息というお得さでやさしいアイフル。
事前にお金を借りられるか1秒診断でスピーディーに結果を表示。最短即日キャッシングできる手軽さ、家族にも知られないプライバシー情報の機密さで口コミ評価も高いアイフル。

アイフルの詳細


アイフルの公式ページ



 

アコム


審査に通りやすく融資までがスムーズなアコム
ちょっと昔に「ラララむじんくん♪」というTVCMですっかりお茶の間の話題をさらったアコム。
現在は三菱UFJフィナンシャルグループとして消費者金融の大手の一角を担う企業の一つとなっています。利用者からの口コミや評判では審査に通りやすく、申込みから融資までがスムーズで自分が希望した金額を借りられるといった声が多数聞かれます。

アコムの詳細


アコムの公式ページ



>> 人気ランキングすべてを見る

ホーム RSS購読 サイトマップ