遅延損害金って何?その計算方法は?

カードローンに限らず、借入れしたお金を約束した期日に返済することが出来なければ一定のペナルティを受けることになってしまいます、大切なお金のことですから返済のことを忘れてしまうことはないと思いますが、意外なことについうっかり忘れてしまうことが多いのだそうです。

 

カードローンの借入れを申し込んだときに「遅延損害金」の項目を見たことがあると思いますが、このように約束した返済の期日に入金が出来ない時には、カードローン会社に損害賠償として遅延損害金を払うことになってしまいます。

 

この遅延損害金は、借入れのときに取り決めた借入れ契約を守ることが出来なかったということですから、その時点で契約を解消されて、借入金を一括で即時返済することを求められても仕方ないのですが、たびたびこのようなことが続いたり、悪質な場合をのぞき遅延損害金を支払うことで解決することが一般的に行われているのです。

 

この遅延損害金は各カードローン会社によって金額は変わって来ますが、法律の上限を越えない範囲で設定されています。利息制限法によって上限利息が定められていますので、遅延損害金の金額はその制限利率の1、46倍までとされていて、仮にそれを越えた場合は、越えた部分が無効になることになっています。遅延損害金の計算方式は、(借入れした金額の上限利率)X(1、46)=(遅延損害金)で算出することが出来ます。

 

借り入れた金額が10万円未満の場合、利息制限法による上限利率は20%です、これに遅延損害金の制限利率1、46を掛けると、遅延損害金は29、2%になることが分かります。また100万円以上の借入れ金額の場合は、上限利率が15%ですから、それに遅延損害金の制限利率1、46を掛けると21、9%の遅延損害金が発生することが分かります。

 

もちろんこの遅延損害金は本来の返済とは別に支払うことになりますから、元金も利息も減ることはありません。そしてどんな理由であれ、返済の期日を守れなかったという事実は返済トラブルとして信用情報に記載されますから、その後の一定期間はカードローンや銀行からの借入れも出来なくなることが考えられます。

人気の高いキャッシングベスト3はココです!

 

プロミス


最短即日融資OK!メアド登録とWEB明細利用で30日間無利息!

消費者金融業界では最大手の一角を担うプロミス。SMFGグループの企業で銀行系の業者という事もあり、安心して利用できると評判です。
信用力の高さ、これまでの実績、全国的な知名度などはもちろん、実質年率は4.5%〜17.8%という低さにもサービス力の高さがうかがえます。目的に合わせて4つの商品から選べるというのも魅力的です。

プロミスの詳細


プロミスの公式ページ



 

アイフル


初めて利用する方なら30日間無利息!!お得で安心なアイフル♪
初めて利用する方なら最大30日間無利息というお得さでやさしいアイフル。
事前にお金を借りられるか1秒診断でスピーディーに結果を表示。最短即日キャッシングできる手軽さ、家族にも知られないプライバシー情報の機密さで口コミ評価も高いアイフル。

アイフルの詳細


アイフルの公式ページ



 

アコム


審査に通りやすく融資までがスムーズなアコム
ちょっと昔に「ラララむじんくん♪」というTVCMですっかりお茶の間の話題をさらったアコム。
現在は三菱UFJフィナンシャルグループとして消費者金融の大手の一角を担う企業の一つとなっています。利用者からの口コミや評判では審査に通りやすく、申込みから融資までがスムーズで自分が希望した金額を借りられるといった声が多数聞かれます。

アコムの詳細


アコムの公式ページ



>> 人気ランキングすべてを見る

ホーム RSS購読 サイトマップ